福岡のアンティーク照明器具「トレモロ」の用語解説


***

アンティーク照明「トレモロ」の用語解説

ビンテージ照明のアンティークトレモロ 福岡

用語集

@アンティークの定義

   およそ100年近く若しくはそれ以上経った品物で美術的価値が有るものを指します。

Aビンテージの定義

   個人差はありますが当店では大体15年以上経ったもので        
   ●●時代とか■■年代に流行ったもので今は製造されていないか少なくなった物。

B昭和レトロ

   当店では昭和20年から昭和50年代までのいわゆる「激動の昭和」世代の物を指します

Cモールガラス 

   昭和中期に建具に良く使用されていたかまぼこ形状のガラスです。

Dダイヤガラス

   戦前から昭和40年代によく建具に使用された細かい凹凸のあるガラスです。        
   時代が古いほど尖がりが鋭くなっています。

Eゆらゆらガラス

    極普通の板ガラスですが戦前や古い時代の物は機械の精度も悪く   
    きちんとフラットには仕上がらなく多少のムラ(ゆらゆら)になっています。  
    現在はそれが味わいとなりショーケースや建具によく使用されています。

店舗情報及びアクセス

所在地    〒818−0101福岡県太宰府市観世音寺1−19−25
営業時間  11時〜19時
定休日    毎水曜日ほか臨時休業有
駐車場    4台あり
電話/FAX 092−924−2888
携帯     090−7161−9660(担当 加来)
アクセス  大宰府インターより太宰府天満宮方向へ車で5分