◎各タイプの取り付け方…

ペンダントタイプ
天井にある引掛けシーリング用器具にアンティーク照明
のシーリングを引掛けます。

引掛けシーリン写真

「カチッ」と音がするまで右に回してください。
緩いと点きませんし落下の原因になります。

重量のある照明の場合はワンクッションおいて天井の負担を
分散します。写真のようなフックが
販売されているので取り付けてください。

フック写真

碍子を付けて直付の場合は専門の技師の方に
ご依頼ください。

碍子の写真

ライティングレール使用の場合にはレール専用のシーリング
に取り付けます。

ライティングレールの写真

★天井に取り付けるシーリンカバー(キャノピーor
フランジ)
は基本的に下の3種類を用意しております。
(直付、引掛けシーリング共に対応)

A チェーンタイプの照明に取り付けるタイプ

天井に取り付けた後、天井とフランジに隙間が
空かないようネジで固定します

フランジの写真1  フランジ写真2

天井に付けた後、天井とフランジに隙間が空かないよう
リングネジで固定します

フランジ写真3  フランジ写真4

B コードタイプの照明に取り付けるタイプ
天井に付けた後、天井とフランジに隙間が空かないよう
ネジでコードを固定します

フランジ写真5  alt=

ブラケットタイプ

①室内仕様で工事が必要ないタイプをご希望の方は
下図のようにコンセントに差し込むタイプになります。
コードの長さを指定してください。(200㎝までは無料です)
コードの色は茶系(ビニールコード)です。
シルクツイストコード希望の方は1000円/mで仕上げますので
ご連絡下さい。

ブラケットの施工写真1  ブラケット施工写真2

上図のようにビス穴2カ所とコードを通す穴が必要になります。
こちらで無料で加工してお渡しいたしますが
穴の位置は当店にお任せ頂きます。

中間スイッチ写真

コードの中間のオンオフスイッチ(写真は参考品です)が必要な方は
別途お知らせください。(工賃込1500円~)

②工事が必要になるタイプ…
取付の際は内装工事や配線工事が必要になる為、
必ず専門の電気工事士の方に依頼してください。

ビス使用のタイプ
写真のように壁とランプベースをビスで直付します。(穴加工が必要です)

ウオールライトベース直付例

■ブラケットライトには簡易的にコンセントプラグが
取り付けてありますので
不要な際は切断の上、処分してください。

■玄関灯に設置可能な照明器具の場合…
雨や湿気がある場所なので防水加工
の必要性が出てきます。
必ず専門の電気工事士の方にご相談ください