福岡大宰府で古道具を紹介するトレモロが更新する情報を月ごとにご紹介-2015年6月


福岡大宰府の古道具屋トレモロのロゴ

福岡大宰府の古道具屋「トレモロ」

古道具 福岡 大宰府

トレモロの毎日を月ごとにご紹介

昭和なレトロ雑貨大量・・古道具 福岡太宰府 ビンテージ照明

今回の古道具の仕入れは1970年代流行ったお箸や

食器類が中心。

百恵ちゃんもその一人・・

IMG_7277.JPG

やはり当時はスポーツ根性ものが多し。

IMG_7278.JPG

IMG_7279.JPG

スプーンもドッグがサッカーを・・

IMG_7280.JPG

セルロイド箸箱もある。

当時から日用雑貨類は流行りに敏感というか

ミーハーというか・・時代に乗るのがうまかった。

ではまた・・

2015年6月30日
ネジネジ再び・・ビンテージライト 福岡太宰府 古道具

今回のメンテは英国アンティークフロアランプ。

以前からあったのだがソケットや笠が揃わず

ほったらかしにしていた物。

写真左の英国製ねじねじ本棚とお揃い?

IMG_7259.JPG

ホルダーは真鍮&チーク材

IMG_7255.JPG

スタンドも勿論、重厚なチーク材を使用。

IMG_7254.JPG

コンセントはチョコレート風ベークライト。

IMG_7252.JPG

ボディーのネジネジがとってもグラマーだ。

IMG_7258.JPG

コレもまた自家用古道具になるかも。

ではまた・・

2015年6月28日
アメリカンスツール 古道具 福岡太宰府 ビンテージ照明

下の古道具は実際に米軍基地に出入りしている

某氏に頼んで譲って頂いた椅子。

基地内で使用されていたという。

IMG_7236.JPG

1970年代位のバーカウンタースツール

IMG_7237.JPG

やれ方も程よくクール。

三脚あり。

IMG_7238.JPG

ではまた・・

2015年6月27日
古ギター入荷・・古道具 福岡太宰府 ビンテージ照明

ビンテージギター入荷。

もしやギブソン・ハミングバード?

IMG_7224.JPG

いいえ谷村新司さんでお馴染み名機「モーリス」。

最近、古道具屋「トレモロ」は名前通り

古楽器が徐々に集まっている。

今後が楽しみだ。

IMG_7225.JPG

ピックガードにはしっかり「ハチドリ」?

IMG_7228.JPG

ナット交換とクリーニング&ネック調整で終了。

こころなしか「ナットキングコール」も微笑むの図・・

IMG_7230.JPG

ではまた・・

2015年6月26日
夏に向けての模様替え終了 古道具 福岡太宰府 ビンテージ照明

昨日、古道具や棚の移動が終了。

IMG_7197.JPG

今回は少しゴチャゴチャ感を出しつつも皆が楽しめる様に・・

IMG_7185.JPG

 IMG_7189.JPG

レトロなワンちゃん、猫ちゃんも勢揃い。           

IMG_7190.JPG

懐しい文具もあり

 IMG_7192.JPG

ビーズやアクセサリー                 

IMG_7193.JPG

 昭和のお弁当箱やお箸もある。

 IMG_7194.JPG

もちろんレトロなボタンも健在。     

IMG_7195.JPG 

ビンテージなアルコールグッズとカトラリーなどなど・・

IMG_7196.JPG

ではまた・・

2015年6月25日
とろけるミルクボールライト・・古道具 福岡太宰府 ビンテージ照明

このライトはバブル真っ只中の1980年代

プールバー(死語?)にて使用されていた真鍮製のシャンデリア。

IMG_7167.JPG

掻き揚げ模様が食欲?をソソる・・

こちらは天井直付でも通常の引掛シーリングでも

簡単にセットできるよう少し手を加えた

IMG_7163.JPG

下はシェードの中

IMG_7165.JPG

天井に吊り下げた状態。

まだインパクトは無い・・

IMG_7169.JPG

これが点灯すると

クラシックでゴージャスな明かりに変身。

IMG_7168.JPG

ではまた・・

2015年6月22日
ビンテージなカタログ・・古道具 福岡太宰府 レトロ照明

本日もナショナルカタログ1974年度版より抜粋。

IMG_7160.JPG

下の写真は当時の自称?中流階級のお部屋である。

カリモク系の合皮ソファーとサザエさんテレビ&ベニヤ壁

はド定番だった。

IMG_7157.JPG

それにガラスのシャンデリアはよく似合っていたが

当時の価格で8万円台とは恐れ入る・・

IMG_7158.JPG

下のシンプルなシャンデリアは価格も少しおとなし目の

2万円台。

我が家は此のタイプだった気がする。

IMG_7159.JPG

地味でおとなしいデザインなので時代とともにこの手の照明は

ほとんど処分されて残っていない。

まだご自宅で見かけたら保存するように薦める。

ではまた・・

2015年6月21日
ビンテージシャンデリア・・古道具 福岡太宰府 照明

昨日に引き続きレトロなシャンデリア

IMG_7113.JPG

昭和30年代の国産

IMG_7114.JPG

シェードは磨りガラス風な和洋折衷タイプ。

IMG_7115.JPG

アメリカの派手さもなく北欧の洗練されたデザインでもない純国産の古道具。

この「モダン&ダサい」デザインは不思議と文化住宅や米軍ハウスにあうのである。

ではまた・・

2015年6月20日
アンバーなシャンデリア‥古道具 福岡太宰府 ビンテージ照明

下の写真は1974年のナショナルカタログ。

IMG_7104.JPG

女性がお化粧をしているようだが

当時のタイル張りの化粧室が懐しい。

小倉の東映会館地下も確かコンナだったような‥(本人は北九州出身)

さて下の古道具はナショナルミニシャンデリア1974。

IMG_7106.JPG

実物はこんな感じ‥

此のライト一発で酒を飲むと酔ってしまいそうなくらい

甘い明かりである。

IMG_7108.JPG

う~ん 実にモダンなアンバーガラスのシェード

アームなどは当時流行った木製風樹脂。

IMG_7112.JPG

ではまた‥

2015年6月19日
「もしもしパンダ」の電話機・・古道具 福岡太宰府 ビンテージ照明

でました!デッドストックの「もしもしパンダ」。

しかも元箱、取説付の超美品だ。

IMG_7098.JPG

袋に入ったまんまの状態だったので通常使用できそう。

IMG_7099.JPG

花がらが1970年フラワー&ロックを感じさせる。

IMG_7100.JPG

1980年製。レトロポップな古道具。

「神田通信工業」とは戦前からある会社で

戦後は逓信省御用達の会社でもあり

黒電話も製造してあったようだ。

「パンダ」の他、有名な「ミッキーマウス電話」

も製造していたようだ。

IMG_7101.JPG

ではまた・・

2015年6月18日
目玉おやじ参上・・古道具 福岡太宰府 ビンテージ照明

米軍ハウス向けのウオールライト。

1960~70年代にかけて作られていた。

IMG_7088.JPG

古い国産の照明にありがちなヤケや変色も少なく

樹脂の黄ばみも少ない。

玄関の真上に設置するのも宜し。

IMG_7089.JPG

ネジ2本で壁に密着できるようになってある。

IMG_7090.JPG

ではまた・・

2015年6月16日
真鍮と鉄のランプ・・古道具 福岡太宰府 ビンテージ照明

ヨーロッパ?の古道具。

スタンドの支柱は鉄でサビがある。

他は全て真鍮だ。

IMG_7078.JPG

口金も真鍮で時代を感じさせる色になっている。

IMG_7079.JPG

アームやツマミもインダストリアル系。

IMG_7080.JPG

点灯させると・・

IMG_7084.JPG

シェードは無いがこのままでも十分楽しめる。

部品が足らないでも時代感と存在でカバーできるのが

ビンテージのヨイ所。

ではまた‥

2015年6月15日
ブルーグレーのクールなライト‥古道具 福岡太宰府 ビンテージ

本日は男前のスタンドの紹介

IMG_7073.JPG

色はブルーとグレーの中間あたりか‥

製造はヒカリか山田照明あたりかと思われたが

IMG_7074.JPG

「ニコー電機」とある。

調べてみたがヒットしない。

すでに会社は無いかもしれない‥

昔のマイナーなメーカー物はデザインやカラーが

斬新で現在でも通用する。

大手に負けない為に研究を重ねたのが伝わる。

IMG_7075.JPG

ではまた。

2015年6月14日
ジャパンビンテージギターその2‥古道具 福岡太宰府 照明

昨日に引き続き国産'60エレキの再生。

本日は「テスコ」のMJー2Lというギター

楽器というよりかは古道具、インテリアに分類するほうが

懸命なギターである。

「テスコ」という楽器メーカーは「アヲイ音波研究所」創業後、

二度の社名変更を経て1964年「テスコ株式会社」となる。

しかし1966年末経営危機に伴い当時の主要取引先だった

河合楽器系列会社となるが70年代後半~80年代半ばに「テスコ」という

ブランド名消滅する。

その後テスコ株式会社は、河合楽器の連結子会社だった

株式会社カワイウッド(1990年設立、2004年吸収合併)に

吸収合併されたとある。

IMG_7048.JPG

このギターは純粋な「テスコ」ブランドである1965年製。

IMG_7049.JPG

古道具屋「トレモロ」にやって来た時はホコリまみれで

音が出ないのは当然、楽器としてのオーラも無かったが

なんとか音が出るまでに再生できた。

IMG_7052.JPG

肝心の音は以外にも良く、少し歪ませてジューシーなトーンで

引くと気持ち良い。やはり木が乾燥しているせいかもしれないが

古いチープなピックアップとの相性はかなり良い。

ではまた‥

2015年6月13日
久々のジャパンビンテージ‥ 古道具 福岡太宰府 ビンテージ照明

今回、大工さんに頼んで門扉を作ってもらった

IMG_7040.JPG

コチラは塗装中、多分塀と同じカーキー色になる予定。

IMG_7042.JPG

久々の1970年代国産ギターをイジるの巻‥

IMG_7043.JPG 

グレコの「グネコ」。

トラスロッドカバーがイカス。

IMG_7044.JPG

ブリッジの駒がなんと「プラスチック」

このチープさが宜し。

IMG_7045.JPG

しかしながら指板はしっかりと縞の入ったローズウッド使用。

素材は抜群、造りとデザインは一生懸命さが感じられる素朴な逸品。

古道具も楽器も昔のものに愛着が湧く理由はこれだな。

IMG_7046.JPG

ではまた‥

2015年6月12日
古道具屋冥利に尽きる?福岡 太宰府 ビンテージ照明

コンナ雨の夜は早めに店じまいして

二階の秘密基地でビールでも煽ろう‥

これもまた仕事の一環?なのだから

同居人には目を瞑ってもらおう。

IMG_7018.JPG

下の大きい額縁

大正時代のもの

IMG_7019.JPG

ガラスもユラユラと「トレモロ」状態だが

縁の細工はこれがまた味わい深い。

201506111.JPG

細かい仕事もさることながら材質も良いので

まだまだしっかりとしている。

多少、変形はあるがご勘弁を‥

サイズはおよそ80cm✕100cmくらい。

201506112.JPG

ではまた‥

2015年6月11日
和風切子乳白電笠‥古道具 福岡太宰府 ビンテージ照明

本日の照明は戦前から昭和30年代に作られた

切子の乳白シェード。

明治後期のものは透明ガラスの外側に乳白ガラスを被せ、

外を江戸切子の手法で切っていたそうだ。

その後は内側を乳白にして内側から削って柄を出す方法になる。

外切りのものはグラスと同じで鋭い線やシャープな図柄、

内切りはやや丸みがあり柔らかな図柄が多い。

下のシェードは内切りの物で花柄が柔らかくて可愛い。

IMG_6967.JPG

勿論当時の口金とソケット。

IMG_6968.JPG

新品の丸打ちコードに交換して

IMG_6969.JPG

出来上がり‥

IMG_6970.JPG

点灯してみると実にやわらかな明かりと模様。

IMG_6971.JPG

これに白黒テレビとちゃぶ台とくれば

ホッピーで乾杯!

ではまた‥

2015年6月 9日
火星?土星?からの使者‥古道具 福岡太宰府 ビンテージ照明

本日の獲物は下の赤い照明。

1960年代の物。

サンセットな色合いが夏向け。

IMG_6959.JPG

判りにくいが赤ガラスも古いのでユラユラしている。

IMG_6965.JPG IMG_6966.JPG

内側は乳白色

IMG_6961.JPG

何とも訳ありの?乙女な赤色

IMG_6962.JPG

全体に小さめの古照明なのでキッチンカウンターの上や

カフェの隅っこ二吊り下げると抜群に映えそうだ。

ではまた‥

2015年6月 8日
デコレーションライトその2‥古道具 福岡太宰府 ビンテージ照明

オリジナルデコーレーションライト組み立てその2‥

今回はかなり古手のシェード。

模様の凹凸が激しくミルクガラスのトロトロ感がタップリと楽しめる。

IMG_6917.JPG

元は壁に設置されていたもの。

IMG_6919.JPG

アイアンのワッカを利用して

チェーン吊り下げ型に‥

IMG_6920.JPG

点灯‥花がらの模様がス・テ・キ

IMG_6921.JPG

上からの図

IMG_6923.JPG

出来上がったビンテージ照明を見上げる

IMG_6926.JPG

存在感抜群のミルクシャンデリア‥といったところ。

ではまた。

2015年6月 7日
季節外れの桜吹雪‥古道具 福岡太宰府 ビンテージ照明

アメリカンビンテージライトその4‥

IMG_6900.JPG

今回のテーマは「桜」

IMG_6902.JPG

少々、季節外れだがお許しを‥

IMG_6904.JPG

コード、ソケット等新品に交換して点灯

IMG_6912.JPG

お花見気分だ。

IMG_6913.JPG

ちなみに右は米国レビトン製ソケット

‥で左は中国サンライト社製。

IMG_6906.JPG

作りやデザインは負けておらず

IMG_6908.JPG

定価も2割ほど安い。

IMG_6909.JPG

どちらも製造は中国なのだ。

次回はこのソケットを使用してみよう。

ではまた‥

2015年6月 6日
デコレーションケーキライト‥古道具 福岡太宰府 ビンテージ照明

今回は古い診療所の廊下壁に組み込まれていたライト。

IMG_6851.JPG

元々は真横に付いていた照明だ。

ガラスやエンボスもボッテリとした質感が感じ良し。

IMG_6845.JPG IMG_6847.JPG

ビンテージ照明には欠かせないレビトンのソケットとサークライン

IMG_6843.JPG IMG_6844.JPG

組み立てると‥この輪っかも鉄職人O氏に依頼。

IMG_6849.JPG 

サイドの模様がとっても大正浪漫

 IMG_6848.JPG

重厚なシャンデリアタイプの吊り下げに変身。

IMG_6850.JPG

ではまた‥

2015年6月 5日
アメリカンビンテージライト③ 古道具 福岡太宰府 レトロ照明

今回も吊り下げサークライン式のビンテージだ。

201506041.JPG

前回と同じくレビトンソケットとブラウンコード&チェーンで

仕上げる。

2015060402.JPG

大理石風モヤモヤ模様‥

201506044.JPG

点灯すると‥

201506043.JPG

うん、しっかりと「アールデコ」

201506047.JPG

下からの図‥

ではまた。

2015年6月 4日
ポパイ1981年より 古道具 福岡太宰府 ビンテージ照明

本日は「ポパイ」より抜粋‥

IMG_6781.JPG

まずは「石原真理子」

そう、あの「ふぞろいの林檎たち」で一躍スターダムに

のし上がった元祖プッツン女優である。

今風で言えば「真理子」さま。

でこの後の彼女の人生は皆も知っている通り波乱万丈‥

IMG_6782.JPG

お次はめんたいロックの雄「アレキサンダーラグタイムバンド」

ボーカルには「石橋凌」様がいらっしゃる。

「80sファクトリー」が懐しい。

IMG_6783.JPG

最後は今、クイズ番組で大活躍中の「宮崎美子」様。

いまでも「ピカピカに光って」ますゾ‥

IMG_6784.JPG

やはり1980年代は楽しい。

ではまた‥

2015年6月 2日
古い磁器製ソケット‥古道具 福岡太宰府 ビンテージ照明

戦前?の磁器製ソケットである。

IMG_6733.JPG

作りも素朴で均一ではないがいい味が出ている。

中を開けると古い配線が‥

 IMG_6736.JPGIMG_6737.JPG

キ・レ・イに掃除をして通電確認。

磁器もやわらかな釉薬がかかっていて見るだけでもホッとする。

IMG_6739.JPG

店内に吊り下げるの図。

IMG_6760.JPG

裸電球とのマッチングも絶妙だ。

ではまた‥

2015年6月 1日