福岡大宰府で古道具を紹介するトレモロが更新する情報を月ごとにご紹介-2015年5月


福岡大宰府の古道具屋トレモロのロゴ

福岡大宰府の古道具屋「トレモロ」

古道具 福岡 大宰府

トレモロの毎日を月ごとにご紹介

Jelly fishes(クラゲ)ライト 古道具 福岡太宰府 ビンテージ照明

海月又は水月とかいてクラゲと読む

下のビンテージなライトもまさにソレ。

メーカーはナショナルで1970年代。

IMG_6747.JPG

最初は地味で良くある照明が

IMG_6740.JPG

金具の部分をチョコレート色に塗り替えると

IMG_6741.JPG

あら‥モダンな'70sライトに変身。

IMG_6744.JPG

コードもシルクコードに交換

IMG_6745.JPG

そして点灯。

IMG_6748.JPG

OH!美味そうなクラゲに進化する。

ではまた‥

2015年5月31日
アメリカンビンテージライト② 古道具 福岡太宰府 レトロ照明

50'sビンテージライトその2‥

IMG_6673.JPG

もしかしてレモンパイ?

IMG_6658.JPG

ほんのり甘くて酸っぱい爽やかな古道具?(何だそれ)

IMG_6659.JPG

中身は‥単なるガラスシェードである。

IMG_6660.JPG

早速、作業に取り掛かる。

定番ではあるがアンティーク風チェーンとレビトンソケット。

IMG_6663.JPG

旨く出来たようだ。チェーンのバランスも宜しい。

IMG_6668.JPG

天井に取り付ける。上から見ると‥

IMG_6669.JPG

う~んアールデコの名残がある。

IMG_6670.JPG

下からの図‥

IMG_6672.JPG

今回も節電、熱防止の為、LED電球使用中。

ではまた‥

2015年5月30日
吹雪の中のアメリカン‥古道具 ビンテージ照明 福岡太宰府

本日のメニューは1950年代アメリカンなチェーンライト。

抜群の存在感だが部品が集まるまで2ヶ月。

IMG_6650.JPG

「トレモロ」に来た時はシェードのみ‥

IMG_6636.JPG

アンティーク風のチェーンを仕入れて

IMG_6638.JPG

ソケットはアメリカ製レビトン。コードーストッパー付。

IMG_6645.JPG

4本のチェーンを付けるために鉄職人O氏に制作依頼したもの。

IMG_6646.JPG

こんな形に仕上がるつもり‥

IMG_6643.JPG

引掛シーリングはチェーン様に交換。

IMG_6649.JPG

天井に吊るすと

IMG_6651.JPG

キ・レ・イ‥

IMG_6655.JPG

夏なのに吹雪か‥

IMG_6654.JPG

上から覗くと(これはLED電球)

IMG_6652.JPG

ハンバーガー的古道具出来上がりの図‥

ではまた。

2015年5月29日
ビンテージライトよりどり‥ 古道具 福岡太宰府 ビンテージ照明

1974年度ナショナル照明カタログより その2

グッとくるキャッチコピー‥

IMG_6591.JPG

現在、店の天井に吊るしてあるビンテージライト

IMG_6582.JPG

コチラのカタログに載っている。

当時定価で5100円也‥

IMG_6589.JPG

このグリーンも在庫あり。

IMG_6583.JPG

勿論、コチラもカタログにある

定価5300円 1974年当時

IMG_6592.JPG

どちらもシェードは樹脂製だが

部屋の雰囲気をモダンにする古道具だ。

ではまた‥

2015年5月28日
「ジャパンビンテージ&モダニズム」古道具 福岡太宰府 レトロ照明

本日の獲物は通称「蜂の巣」ライト。

IMG_6390.JPG

私が世の中で最も恐れている「スズメバチ」の巣に似ている‥

IMG_6391.JPG

手元に来た時はサビや汚れの酷い古道具だったが

IMG_6428.JPG

気合入れて磨き上げ、パーツ交換

IMG_6429.JPG

ソケット、コード新品

見よ!このガラスの気泡と輝きを‥

これぞ「ジャパンヴィンテージ」だ!

IMG_6410.JPG

最後は点灯確認

IMG_6535.JPG

40wの電球がなかなかの味をだしている。

ではまた‥。

2015年5月26日
ファイヤーキングカラーのタイプライター 「ヘルメス」 古道具 福岡太宰府

このタイプライターはスイス製の「ヘルメス ベイビー」。

IMG_6540 (2).JPG

1950年代くらいかな‥とっても春色らしい古道具で

テーブルの上ではファイヤーキングと一緒に遊べそうだ。

IMG_6539.JPG

このメーカーはスイスのパイヤール社。

このポータブルータイプライター「ヘルメス・ベイビー」は、1935年に販売を開始。

オリベッティ社のフィギー二、ポリー二、ジャウィンスキーらが開発した

「スタジオ42」が同じ1935年に発売されるまで、これが世界で唯一の

ポータブルタイプライターであった。

しかし、このスイス版の方がオリベッティよりも各構成部分に様々な工夫が

凝らされていた。

特筆はシフトキーを押すとキャリッジが一段上がるので、タイピストはこのシフト

操作だけで全ての大文字を打つことができるようになったのである。

IMG_6541.JPG

「ヘルメス・ベイビー」のケースは本体強度を高め、本体はリボンスプールなどを

保護する構造になっている。ボディはラッカー塗装のスチールである。 

IMG_6542.JPG

尚、同社の商標であるギリシア神話の神ヘルメスの帽子やサンダルの翼は、

旅行(携帯性)や貿易(新興ビジネス階級)を暗示し、名称の「ベイビー」は小型を

意味している。

2015年5月25日
ステンドガラスライト...古道具 福岡太宰府 ビンテージ照明

本日はオリジナルステンドグラスのスタンドライトを

ペンダントにカスタムした。

チェーンと専用金具で割りと簡単に組み立て完了

IMG_6513.JPG

「Coca-Cola」と入っても良さそうな柄。

IMG_6510.JPG

結構、大きく浅いのが特徴。

IMG_6511.JPG

下からの図...ちなみにコレはLED使用中。

チェーンの長さは継ぎ足し可能なので天井が高くても宜し。

ダイニングテーブルの上でも格好良い。

ではまた...

2015年5月24日
ソフトクリーム?渦巻き模様電笠...古道具 福岡太宰府 ビンテージ

本日、やっとこさ探していた部品が手に入ったので

ビンテージな照明を組み上げる。

IMG_6457.JPG 

この口金の金具サイズが合うものが無く1年位探した‥

IMG_6458.JPG

口金は1950年代、シェードは1960年代と想定。

IMG_6460.JPG

コードとソケットを新品に交換

IMG_6461.JPG

チェーンを取り付けアメリカっぽく変身

IMG_6462.JPG

目が回りそうな...

IMG_6463.JPG

そして点灯確認。

40wのクリア電球を着けてみた。

カ‥カッコいいい。

IMG_6465.JPG

ホノ暗い天井に一際目立つ古照明

ではまた‥

2015年5月23日
レトロな建具復活!...古道具 福岡太宰府 ビンテージ照明

太宰府に移転してはや8ヶ月...

オープン当初は建具も色々と展示ていたのだが

なにせココは旋風が多くアット言う間に建具が破壊されていた次第。

被害も20数枚程、そのほとんどはゴミに化したので

一旦、コンテナにプール。

そして昨日より置き場所を変えて再び展示した。

IMG_6432.JPG

大正ロマンのドアーや白ペイントの古建具あり

IMG_6433.JPG

和モダンの引き戸や玄関ポスト付き建具

IMG_6434.JPG

マジックミラーのドア、昭和レトロどストライクの引き戸、

IMG_6435.JPG

この他にも30枚ほど展示できずにある。

今回は風の心配は無いが雨の時は展示できない場所。

当分はコレで凌ごう...。

ではまた

2015年5月22日
レトロモダンなミルキー&サンド風ライト...古道具 福岡太宰府 照明

70'sペンダントの仕上げ。

IMG_6383.JPG

来た時にはコードの劣化も激しく...

IMG_6382.JPG

このままではショートするので新品のブラウンコードに交換。

IMG_6384.JPG

そしてシーリングも新品に交換。

IMG_6386.JPG

ショート防止用のカバー装着。

組み立て...

IMG_6387.JPG

う~ん、磨りガラス風の乳白硝子がとてもいい!

とても昭和レトロモダン。

IMG_6388.JPG

特にこのガラスのカーブ。

パンプキンみたいで愛着が湧く。

金具のサビやガラスの傷などは時代の味なのでそのまま

残しつつ実用できるように仕上げた古道具。如何?

ではまた...

2015年5月19日
フリー&ラギットな革製品入荷...古道具 福岡太宰府 ビンテージ照明

こちらは革作家S氏の作品。

IMG_6357.JPG

革細工歴20数年のプロの仕事師である。

財布やキーホルダーウオレット他いろいろ

IMG_6358.JPG

特筆は一切、機械を使用せずに手で作り上げているという。

IMG_6361.JPG

革や縫製も上質で手触りも最高。

IMG_6364.JPG

旧車好きやロックンローラーにはタマラナイ...

IMG_6365.JPG

ユーモアやセンスもナカナカのものだ

IMG_6366.JPG

コチラはカントリー系。

女性好みの色もこれから揃えていく予定。

これらの質感や色合いなどは直に触れてみないと

判らないので是非、ご来店あれ。

尚、フルオーダー品も随時受付。

只今、古道具屋「トレモロ」にて販売中。

2015年5月18日
ピンクデコラ...古道具 福岡太宰府 ビンテージ照明

ここにあるピンクのデコラ張り食卓テーブル

IMG_6343.JPG

通称「ピンクデコラ」...

なんだかゴジラに出てくる3本首の怪獣みたいだが

こちらはとってもキュート。

IMG_6344.JPG

鉄脚はネジで止めているだけなので簡単に外れる。

IMG_6345.JPG

枠はアルミ製。

IMG_6346.JPG

昭和の団地ブームの時は何処のお宅でも一つはあったのを記憶している。

傷つきにくくお掃除も手軽で頑丈な便利なテーブルだった。

ではまた...

2015年5月17日
将校クラブの照明...古道具 福岡太宰府 ビンテージ照明

1950年代春日原にあったとある米軍将校クラブ。

その道具類を保存していたご主人からの連絡で早速、訪問。

他にもいろんな古道具をもっていたがその中でも

居間に下がっていたという大型天井照明を譲って頂いた。

IMG_6292.JPG

硝子は無論、歪みがかかっていて良い感じのミルクガラス。

IMG_6293.JPG

金具はどうも戦前物とみられる。

IMG_6294.JPG

三段階のデザインがアールデコ。

IMG_6295.JPG

ソケットにはなぜかイギリスの規格のものが付いていたので

日本仕様の古い磁器製ソケットに交換

勿論コードも新品に交換した。

ではまた...

2015年5月16日
1974年の照明カタログ...古道具 福岡太宰府 ビンテージ照明

2階に展示しているこの樹脂製ライト

いかにも宇宙人が寄ってきそうなモダンライト。

IMG_6280.JPG

1974年度ナショナルのカタログにも出ている。

IMG_6282.JPG

IMG_6281.JPG

当時は色のバージョンも豊富で5種類くらいあったらしい。

当時(1ドル=360円)の価格で5100円。

今だったら12000円位?

IMG_6283.JPG

上の写真は当時のケーキ屋さん。

今、こんなショップがあったら毎日でも通うかもしれないな。

いや、健康診断で引っ掛かっているのでやめとこう。

でまた...

2015年5月15日
学校の机と椅子...古道具 福岡太宰府 ビンテージ照明

この写真は病院の事務机と中学の椅子を組み合わせたものだが

妙にシックリくる組み合わせだ。

IMG_6240.JPG

机は昭和30年代に誂えたもののようでニスが飴色になっているのが良い。

椅子の方は最近まで使用されていたもののようだが机とマッチングしている。

IMG_6241.JPG

全体にやや小ぶりなセットだが子供用の勉強机セットとしては程よい大きさである。

IMG_6242.JPG

机に使用されているラワン材は急激に少なくなっているがやはりこの味は

他の木材には醸し出せない物がある。

重厚過ぎず暗すぎず加工もしやすく丈夫である。

IMG_6243.JPG

適度にチープでありカントリー&ナチュラル系の家具にはピッタリかと...。

いろんな場面で活躍するラワン材、今後もまだ少なくなるようなので

見かけたらキープしておくのを薦める。

ではまた...

2015年5月14日
やっとこさ晴れた...古道具 福岡太宰府 ビンテージ照明

昨日からの雨がやっと上がったようだ。

IMG_6204.JPG

春の天気は変わりやすく一気に快晴となる。

下は先日、譲っていただいたスタンドである。

IMG_6199.JPG

オレンジとアイボーリーのカラーリングがとてもお気に入り。

時代は1960年代か?

此のスタンドは細部にも拘っていてボディーにはキチンと「東芝」のエンボスが。

IMG_6200.JPG

そしてコードはキャメルとホワイトのツートン。

差し込みコンセントは美味しそうなカバヤのコーヒーキャラメル。

IMG_6202.JPG

切り替えスイッチはチロルのチョコレート&ミルクである。

IMG_6203.JPG

なんとも子供が喜びそうな古道具であった。

ではまた...

2015年5月12日
ZIPPOスターリング&アーマー 古道具 福岡太宰府 ビンテージ照明

コチラにあるZIPPO三人衆。

IMG_6152.JPG

スターリングシルバーとアーマー二種類。

シルバーの方は外は2004年、インナーは2003年。

IMG_6155.JPG

そしてアーマー無地のものは内外共に2004年。

IMG_6154.JPG

もう一つの彫刻アーマーは内外ともに2005年だ。

IMG_6153.JPG

3個ともジョイント金具のグラつきは少ない。

ジッポーマニアの方には物足りないかもしれないが

古道具屋「トレモロ」でも常時100個くらい展示してるので

遊びに来てくだされ‥

ではまた。

2015年5月11日
アナログレコードの聞ける古道具屋‥福岡太宰府 ビンテージ照明

今週から古道具屋「トレモロ」ではアナログLPを店内でかけておるので

リクエストがあればお持ち下され。

IMG_6023.JPG

オールディーズから1970年代ロックまで常時、流しておりますよ。

IMG_6024.JPG

やはりネットラジオで聞くのと木製ステレオで聞くのは雲泥の差がある。

トランジスターだけれど音圧や音の広がりは抜群に心地よい。

多少、ノイズや音飛びもあるがそれも時代のスパイスと思って頂ければ

幸いなのだ。

IMG_6022.JPG

無論まだまだ少ないですがレコードの販売もやっとります。

IMG_6031.JPG

当時のギターもチョッコとだけれど有りますよ。

ではまた‥

2015年5月10日
ストライプソファー入荷‥古道具 福岡太宰府 ビンテージ照明

いかにも春らしきグリーンの椅子が入荷。

201505092.JPG

1970年代大流行したストライプ柄の生地と

これまたど定番のカラー合板との組み合わせだ。

201505091.JPG

古いので色剥げは有るがまだまだ現役だ。

201505093.JPG

此のカラーリングは応接ソファーや車のシートカバー

スリッパ、トイレカバーなどいろんな場面で見かけたものだ。

201505094.JPG

そういえば私も1970年代のギャランGTOという車(暴走仕様)

に乗っていたのだが当時はコレまた流行りの「土禁」&チンチラ

それに赤とオレンジのストライプシートカバーを付けていたのを

思い出した。

ではまた‥

2015年5月 9日
昭和浪漫図変硝子本棚入荷‥古道具 福岡太宰府 ビンテージ照明

レトロモダンな古道具がやって来た。

IMG_5911.JPG

昭和30年代あたりの物。

やや小型で取り回しが良さそう。

IMG_5912.JPG

特筆すべきは硝子。

扉の硝子は2種類。

ユラユラな無垢のガラスと模様入りのやや摺り硝子。

IMG_5913.JPG

全体のデザインも派手さは無いがその分どの部屋にも

自然に溶け込みそうな雰囲気を持ってある。

IMG_5914.JPG

ちょっとしたコレクションケースでも良いかも‥

ではまた。

2015年5月 8日
レトロモダンな棚 古道具 福岡太宰府 ビンテージライト

1970's風ショーケース入荷。

IMG_5875.JPG

これは古道具では無く「NXT」というオーダー家具

を作る会社の商品。

IMG_5874.JPG

カスタムオーダーで受けているので同じものが一つと無い。

そして何より色使いが新鮮で可愛い。

これもその一つだ。

IMG_5880.JPG

周りはレザーで中はガラスといったソファー感覚の

陳列ケース。

色も可愛くキャラメルコーン。

ココは他にも50's風のサンプルも沢山あるので

ロッケンローラーの貴方にもお薦め。サイトはコチラ⇩

http://www.rakuten.ne.jp/gold/prs/sp/nxt_original.html

 

2015年5月 7日
ビンテージライトその2 古道具 福岡太宰府 照明

薫風に吹かれ昨日に引き続き古道具(照明)の再生。

IMG_5863.JPG

赤と紫の中間的な硝子シェード。

「爽やかな紫蘇キャベツ‥‥」

IMG_5865.JPG

光を当てるととても綺麗な硝子である。

1960年代からあるデザインで勿論、国産製。

丸打ちコードとシーリングを新品に交換。

電球もクリア40wが宜しい。

IMG_5868.JPG

電源を入れるとガラスの凹凸と色合いが

ロマンチックに暗闇に映える。

これまたお酒が進む古道具である‥‥。

2015年5月 5日
70's ビンテージペンダントライト 古道具 福岡太宰府 照明

ココ福岡太宰府のゴールデンウイークはとってもノンビリ。

人や車も少なく近所のお店も閉まっている。

こんな時こそビンテージライトのメンテをしよう。

201505041.JPG

昨日、古道具のドサクサ紛れの仕入れ?に入荷した

「乳白硝子国産吊り下げ照明」。

201505042.JPG

時代は1970年代 メーカーは「カワイ」とある。

表面の大きな凸凹にアールデコを感じながらクリーニング。

201505043.JPG

201505045.JPG

新品の丸打ちコードの交換やソケットのクリーニングを終え

組み立て完了。

点灯すると一気にモダニズムの爆発だ。

照明の電球をクリアーの40Wに。

静かな大人の時間に酒がすすみそうだ。

2015年5月 4日
戦前男子の嗜み...古道具 福岡太宰府 ビンテージ照明

戦前の男性化粧品「メヌマポマード」。

当時、ヘアースタイルがオールバックの流行りも有り

一時は国内シェア75%を占め、海外にも輸出されていたという。

最初は井田京栄堂という名前の会社から発売されていた。

戦前、戦後を通して今でも製造されているそうだ。

創業者の井田友平は「ポマード王」と呼ばれており

出身地、埼玉県妻沼町(現・熊谷市)にちなんでいると聞いている。

201505031.JPG

こちらのミルキーな瓶は戦前のものだと思われるがこの他にも

黒い瓶、通称「黒メヌマ」と呼ばれているものもあるみたいだ。

201505034.JPG

他にも戦時下においてガラス不足のために陶器製の入れ物も

使用されていたとの事。

時代の荒波を生き抜いたツワモノである。

201505032.JPG

恐るべき「メヌマポマード」。

我々、古道具屋も見習ねば。

ではまた...

 

2015年5月 3日
「フクちゃん」と仲間たち?古道具 福岡太宰府 ビンテージ照明

戦前より4コマ漫画で描かれている「フクちゃん」がやって来た。

201505023.JPG

昭和11年に東京朝日新聞で始まった連載漫画『江戸ッ子健ちゃん』

の脇役として登場する。

その後、「フクちゃん」は1971年まで掲載されていた。

一方、昭和57年からは、テレビアニメ『フクちゃん』がテレビ朝日系で

放映開始されているが残念ながら私は見た記憶が無い。

尚、フクちゃんの名は漫画家 「横井福次郎」の「福」から来ているとの事。

古道具屋「トレモロ」に来たのは「フクちゃん」のこけし。

約10センチ位の可愛いこけしである。

ついでに下の黒人こけしも付いてきたがコレはたぶん友達ではない。

201505021.JPG

別物だろう...。

ではまた。

 

 

2015年5月 2日
踏まれても踏まれても...古道具 福岡太宰府 ビンテージ照明

足踏古式縫製機械五連発の巻。

昔懐かしき足踏みミシン...

201505012.JPG

何処の家庭にも一台必ずあったものだ。

201505011.JPG

201505013.JPG

鎮座場所は大体、奥方の趣味の部屋?の角。

時が立つにつれて全く使わなくなった為にいつの日からか

廊下の片隅にしかも天板の上に色々と物が積まれている。

必要な時代には踏まれ踏まれて働かされ用がなくなれば物置同然に...

まさに踏んだり蹴ったりの人生?

それを見た旦那衆も自分とダブるのかミシンに同情の視線を送る。

「嗚呼 古亭主...」じゃない 「嗚呼 古道具」。...

201505014.JPG

話が逸れたが写真の四台は「SINGER」 売れ筋なのだが

他に一台、「日立」。

201505015.JPG

これは少し小ぶりで脚のデザインがとってもおフランス。

皆はシンガーを求めるがB級ミシンも安くてクールな

デザインが沢山あるのでそちらを薦める。

ではまた...

2015年5月 1日