2台のレトロなプッシュホンが入荷。

これらは未だ電電公社のマーク入り。

嗚呼、あこがれの三公社のモノ。

学生の頃は親から就職するなら公社に限る…と

教えられていたが何を間違えたのか(イヤ、学力と素行の問題か?)

今はしがない「古道具」

いや…これはこれで結構楽しんで一日過ごしいる。

さて下の2台の電話機は小ぶりで状態もよく

きっとそのまま使える。

チョコ色の奴は「ノーザンテレコム」製(現ノーテルネットワークス 英国)1969年製。

アイボリーの彼女は「ITT」製(アメリカ元国際電話会社)

しかし「アナログ回線」でなくても喋れるのか?

いまから実験だ。

つかえなくてもインテリアでもポイント高そうな古道具である。

2015年2月19日